むぎのフランス滞在記☆

フランス在住ヒキニートの日常

MENU

国際結婚の憂うつ~それでも一緒にいたいのさ~


f:id:mugi105:20170315000542j:plain

皆さん、こんにちは~。むぎです(@muuugi105)!!

 

フランス生活も半年を過ぎて、そろそろ結婚の準備を進めようということになりました。

しかし、「婚姻届1枚を役所に提出すれば終わり」という日本と違い、国際結婚の手続きは超絶メンドクサイんです!!

ちょうど今ニートで時間があるからよかった~

私たちの経験をブログで書いていこうと思います。

 

これからの予定

①戸籍謄本を日本でゲットし、これにアポスティーユっていう日本の外務省の証明書をもらわなければならない。日本で申請するので、母にお願いすることになる。

 

②そして次はフランスの日本国総領事館で、①でゲットしたアポストフィーユ付きの戸籍謄本を元に、出生証明書、独身証明書、慣習証明書を作成してもらう。もちろん手数料がかかる。

慣習証明書って一体なんなのさ?!ムッキー!!

 

③フランスで住んでいる街の市役所に②の書類を提出。婚約する日に市役所へ行き、市長の前で宣誓をする。この時に市役所が作成してくれる婚姻証明書家族手帳(livret de famille français)をゲットする。

 

④在仏日本大使館に婚姻届を提出する

 

⑤私は③婚姻証書と家族手帳を持って日本に帰国。在日フランス大使館から配偶者ビザを申請する。

 

⑥在仏日本大使館に婚姻届を提出する

 

⑦無事にビザ下りる(と期待する)

 

⑧配偶者ビザでフランス入国。この後も色々手続きがあるらしい…。

 

⑨落ち着いたら日本で結婚式

 

⑩子供!!

 

 

上手くいくかなぁ~ (;◔ิд◔ิ) ドキドキ・・・

やることを羅列して書くとゲンナリしちゃう。とにかくやるべきことを一個ずつ確実にこなしていこうと思います!!

 

 

今思うこと

国際結婚って華やかそうに見えるけど、幾多もの試練があって、それを2人で乗り越えて行かなければならないデス。

おまけに日本人のフランスに対するイメージが良すぎるせいか「わ~フランス生活うらやましー」とも言われますが、現実は大変。

旅行するのと暮らすのは違いますね。

 

私は暴走して、結構まだ起こってもいないことを心配してアレコレ悩んでしまう癖があります。おまけに今ニートでたっぷり時間があるから余計考えてしまうんですよね。

ピーちゃんには「考えすぎよ~」と言われますが、色々と心配しちゃうんですね。

 

例えば、

 

まずビザ、滞在許可証など手続き関係がメンドクサイ。

 

帰省に金がかかる。

 

子供を異国で育てなければならない。両親になかなか孫を会わせてあげられない。

フランスのママ友と仲良くできるか。

 

子供が日本のことに興味を持ってくれるか。

 

離婚することになったらどうする?!フランスで離婚するのは結婚するよりも大変らしい…。そして子供がいた場合、勝手に日本へ連れて帰ったら「誘拐」ということになってしまうのだ。親なのに!!

 

縁起でもないけどピーちゃんがもし死んでしまったら?残された私は異国でシングルマザー出来るのか?!!

 

それから日本の両親が病気になったら?介護が必要になったら?

 

自分の老後は?!老後は日本が恋しくなるかもしれない!!

 

 

などなど…。

 

悩むことも多いですし、正直引き返すなら今かなとも思ったりもするけど、やっぱりこのフランス人↓

f:id:mugi105:20170205095614j:plain

と人生を歩むと決めたのだ。

 

国際結婚の手続きが大変なのは、こんなことも乗り越えられないようじゃ国際結婚は無理よっ!ってことなのかもしれない。

 

全部、自分で選ぶ道。ハイ。

負けないぞ~

ピーちゃんと2人で頑張るぞ

 

 

本日のマンガですよーーー(n´v`n)↓

framugi-manga.com

 

読者登録していただけるとうれしいです\(^o^)/

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

更新、がんばりま~~す☆

 

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックしていただけると、ポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪